ニーサ(NISA)の教室

ニーサ口座の管理や電力自由化で期待のスマートFP

ニーサ口座を所有すれば、株式売買や投資信託の売買で収益を上げた場合、証券にかかる税金負担をゼロにすることが出来ます。その非課税投資枠も決められており100万円までで、仮に余っても翌年に繰越は出来ません。

ただこの非課税投資枠には有効的な活用の仕方があり、順調に株などが上がった場合、5年後に売却してその後もう一度買い直すことで、新しい非課税投資枠を得ることが出来ます。つまり長期投資で有効となるのがニーサの特徴です。

その際、値上がり益や配当、投資信託の分配金などの金額を計算する上で、重宝されるのがスマートFPです。スマートFPでは、いつもスマートフォンやタブレットなどで、即座にシミュレーションをすることが出来ます。

特にニーサにおいては100万円を超えるかどうかは、20%の税金負担をゼロに出来るかどうか重要なことです。場合によっては利率による分配金が多くなってしまい、100万円を超えてしまう可能性もあります。その場合、ニーサの恩恵を受けることが出来なく恐れもあり、そのためあらかじめスマートFPで試算することで、有効な投資戦略を構築することが出来ます。

なお2016年度には電力自由化が実現されます。電力自由化は、一般家庭向けの小売の電力が新規に参入する電力事業者から購入することが可能となります。つまり電力自由化では、契約する電力会社を消費者が自由に決定することが出来る様になります。

電力自由化で変ることと言えば、電気料金に違いが出ることです。そのため電力自由化においては、事前に消費者の家庭事情に合った電気料金のプランを選択することが肝要です。

その電気料金の試算の分野でも活躍が期待されるのがスマートFPです。スマートFPによって、あらかじめ試算すれば、自分の家庭に合う料金プランを探し当てることが簡単に可能となります。